2017年6月12日月曜日

INTEGRA-7 でメタル そんな音源集発売しました

どうも僕です。

まあまずは宣伝がてら、下の音源集から適当な曲を聴いてみてください。

うーん。ヘイトブリードへのあくなきリスペクトを感じられるでしょ?
タイトル無い所も男らしくていいでしょ?

さてこの音源集なんですが、ギター、ベースINTEGRA-7で作ってます。

ギターめっちゃ良い音じゃない??どこかで「integra-7のギターはクソ」とか書いてあるの観たことあるけど書いたやつの耳がクソだよ。

しかもクリーントーンのプリセットを歪ませたんじゃなく、歪みのプリセットを調節して使ってます。イカス!

という訳なんですが今日はINTEGRA-7を使って極悪ハードコアサウンドを奏でたいという方のために各種音作りの説明をさせてもらいますね。


定位

四の五の言わず画像を見てね。

2がベース
5、6がギター(バッキング)
3,4がギター(SOLOなど)あんまり使ってないですが一応

になってます。
余談ですが1はピアノです。ラフ作る時とか音程確認なんかにね。

音色選び

左ギター、男は黙って5150です。
左ギターというと俗にいう下手(しもて)ギターでバッキングや各種リフの場合もシンプルで地味なフレーズを担当することが多いんですが、シンプルだからこそ音色が激しくヘビーであって欲しいと思うんだ。

右ギター、リアルじゃ変えないソルダーノ、みんなの憧れ!
という事でソルダーノ(だと思う)を使ってます。
上手ギターなんでちょこっとリード弾いたりするんで左よりジャキジャキするような音にしています。


ここでポイントなんですが、なるべく左右のギターの音のキャラクターが違うものを作りましょう。
なんといっても打ち込みな上、メタルはユニゾンするパートが多いのでキャラクターが違う方が不自然に聴こえにくいです。

んでこのままだとすんごいきつい低音が両サイドからっていう落ち着かない仕様の曲になっちゃうんで、PART EQで結構低音を落とします。

打ち込みの際のポイント

メタルの打ち込みの大事なところはブリッジミュートです。
cc80を使いブリッジミュートと解放を切り替えながら打ち込みます。

またブリッジミュートの時はベロシティーを低くすると、よりリアルに聴こえます。



書き出し


ベースはCOMP FINGER BASSかなんかを選んでおけば間違いないんですが
歪ませても面白いです。お好みで。今回は全部COMP FINGER BASSです。

んでギター左右とベースを一気にオーディオに書き出します

めんどくさいから モーションサラウンドのリバーブが良い感じ空気感を演出してくれるのでオススメです。

さてオーディオになったらこっちのもんなんで、好みのコンプやサーチュレーターで
より激しい音に微調整します。僕はcubase純正の奴がミキサー上で使えるんで最近は使用頻度高めです。結構効きが分かりやすい気がする。


ドラムの音作り

僕はaddictive drumsの1を長年使っているんで基本はこれを使います。

個人的にハイハットがうるさいのが嫌いなんで、そこを微調整しています。
今更説明不要なくらい有名な音源なんでアレなんですが、この音源は各パーツを直で録音したマイクとは別にOver HeadとRoomのマイクへの入り込みも調節できます。

僕はハイハット、スネアからの送りはすべて切って使ってます。

んで

バスドラ

あくまで個人的なやり方なんですが、

バスドラの音は別の音源に差し替えます。

addictive drumsでもメタルっぽい音を頑張れば作れると思うんですが、ここ数年かけていまだに満足いくバスドラの音にならなかったんで差し替えることにしました。

僕はcubaseなんで純正のサンプラーのC1にメタルっぽいバチバチしたバスドラの音を入れてごっそりMIDIをコピーして使っています。


まとめ


如何でしょうか。日本中探してもこんなめんどくさいメタルの作り方してる人いないんじゃないかしら、というマニアック技術ですがもしギターを弾けない、弾けるけどオーディオインターフェイスの入力が足りなくて繋げない(僕)という方がいましたら是非やってみてくださいね。






0 件のコメント:

コメントを投稿