2017年6月1日木曜日

Hシーン曲の作り方的な

どうも僕です。

仕事柄、Hシーン曲を年間200曲くらい作る僕です。

そんなこんなでHシーン曲の作り方なら誰にも負けないという悲しい自信があるんですが、

そんな思いを著作権フリー音源集にしてみました。


そしていったい誰の役に立つんだって内容なんですが、Hシーン曲の作り方、こだわりポイントなんかを書いてみようと思います。


まあ普通の曲と何が違うかって話

あくまで僕の個人的な解釈なんであしからずなんですが


・ボイスやSEが大量に同時再生されるんでそれを邪魔しないように。

・穏やかなテンポ

・リッチなリバーブとテンポディレイ

というのに基づいて作ってます。

Hシーンっていういわばエロゲの見せ場、ボイスだけでなくBGVと各種SEががっつり入るんで、波形でいうとあんまりギザギザが鋭い(ピークが鋭い)のは良くないですよね。

技術的にはコンプレッサでアタックを抑えめにするイメージです。僕はむしろ初めからアタック抑えめな音色を使うかな。

穏やかなテンポっていうのはあくまで今回のような純愛系、背徳系なんかの場合で

凌辱系なんかは超アップテンポが良いと思います。

リバーブは深め、これは割とマストですね。

静かな曲を作ると、楽器の数が少なくなるのでどうしても音がスカスカになりやすいんですが、リバーブで補いつつ、ふわっとした雰囲気を演出しましょう。

ちなみに僕はリバーブにsendで送った後、そのリバーブにコンプ掛けたりします。

ディレイは1/4Tとかのピンポンディレイが最高です。

個人的にですが最高です。

とまあそんなこんなで作った音源集が視聴できますんで良かったら聴いていって下さいね~




0 件のコメント:

コメントを投稿