2017年4月14日金曜日

究極オシャレ著作権フリー音源集Spicy Orange爆誕!


昨日遂に発売しました。
オシャレを極めしものにしか扱えないまさに試される曲達、
著作権フリー音源集界のアカサカサカスとしてが。



その名もSpicy Orange。

オレンジに意味は特にない。でもそこがオシャレ。

この音源集は今までの僕では絶対に使わなかった

 「オーディオループ」

 「サンプリング」
という2つのキーワードで作った攻めの姿勢を感じる作品で、自分的にも気に入ってます。

オシャレじゃないの作ってる人だけ!!

ってことで是非是非さんぷるだけでも聴いてやってくださいね~





2017年4月12日水曜日

オーディオストックの審査、超速くなってない!その2

どうも僕ですが、表題の件です。

審査一日かからなかったんだけど、ものすごくありがたいです。




という訳で昨日申請して、昨日発売開始した曲です。

サイエンス、ドキュメンタリー的なイメージで作ってますんで

科学実験動画を作ろうと思っている皆さん、是非BGMにどうぞー

2017年4月11日火曜日

著作権フリー音源の良さ

どうも僕です。近日中に新しい音源集がリリースされる予定の僕です。

昨今、企業VP、ウェディング関係のムービー、レシピ動画とか様々な映像コンテンツが世にあふれていますね。

Facebookとかでも映像つきの広告が山ほど流れてきます。

んでどんな映像にもBGMってのはほぼついているわけで、

ayato sound createにも映像部があるんですが、まあ毎回BGMで困るのね

どういうことかというと

作る映像にもよると思うんだけど、やっぱりオシャレでクールな曲を使いたいわけですよ。
んでそのオシャレでクールって部分を作曲家の立場から分析すると

・生録音によるアナログ感
・生演奏によるグルーブ感

ていうのが重要になってくるわけですよ。やっぱり。
さらに言うと

・マッシュアップしたビートの刺激的な感じ
・アナログシンセのぶっとい音を組み込んだビート
・TR-808

とかっていうのもオシャレでクールのキーワードですが、

急に言われてもすぐには出来ねえよ!!!

と悶えるわけですね。

生録音によるアナログ感をMIDIでやる場合、PIANOとかならINTEGRA-7で定位を後ろの方に下げてリバーブ感に馴染ませて書き出し、さらにチューブコンプレッサを掛けると良い感じに聴こえるけど色々大変なんだよ。

生演奏のグルーブにしてもINTEGRA-7は結構演奏表現が上手いんでギターとかある程度はいけるけどやっぱ本物にはかなわないよ。

とまあ色々と問題が出てくるわけです。

「えっなんでMIDIでやる必要あるの?本物録音したら一発じゃん?」

と思う方がいらっしゃると思いますが

じゃあ予算組んでよ!!!

って話です。プレイヤー、録音エンジニアそれぞれ依頼すると大変高級な曲が仕上がります。

そして最も恐ろしいのが

「ここのフレーズちょっと変えて欲しいんですけど」

というキラーワードがあります。

MIDIなら軽く対応出来るんですが、録音データだとそうはいきません。

cubaseならオーディオ編集で多少は弄れますが、あくまで多少に留めておかないと本末店頭です。

結果再度プレイヤー、エンジニアに依頼して・・・。

という話になってきます。


そんなこんなでMIDIを駆使し、INTEGRA-7を駆使し必死に「生っぽく」聴こえるように調整しながらリテイクに備えて曲を作ります。

実際曲調によってはかなりリアルに聴こえるもんで

祀神

とか
Darkness kingdom


なんかの収録曲なんかは我ながら頑張って打ち込んでるなあと思います。

んで

最近ふと気づいたんですが

著作権フリー音源だったらリテイク無いじゃん!!

もうね、衝撃。うっかり。

facebookで見かける動画広告の曲めっちゃオシャレでクールなのが多いんですけど

「ああ、この動画の為に泣いた作曲家がどこかにいるのかあ・・・」

なんて考えていたんですが、そんなことはなく

まさか著作権フリーの物を使っている!

リテイクを恐れず攻めた曲作りをした曲を使っている!!

という可能性に気付いたわけです。

んで

世の中にはオーディオループというものが存在しています。

各種DAWに初めから入っている1小節くらいのデータで

ピアノ、ギター、ドラムなどそれぞれの楽器をプロが演奏したデータなんですが、

今までリテイクが怖くて一切使ったことが無かった、というか何のためにあるのかも良くわかってなかったんですが、

リテイク無いならこれを使って生演奏、生録音の良さを取り入れた曲作ったら最高におしゃれでクールな曲になるやん!!

という訳で前回のブログにも書いたんですが


こういうリアルオシャレサウンドに辿り着きました。

近日中にオシャレ極まりない音源集リリースしますので

全国の映像屋の皆さん、はたまたイベント音響で流す曲にマンネリしている皆さんこうご期待下さいね~。






2017年4月8日土曜日

オーディオストックの審査がめっちゃ早くなってない?

どうも僕です。

先だってより「今年はオーディオストック!!」と息巻いて曲を登録するも
「プチっとノイズが~」「曲の品質が~」と突き返される日々に少々疲れていた僕ですが、

先日、これは僕史上最高にオシャレな曲が出来たので勢いこれはいけるだろうと確信しオーディオストックの新規音源登録ボタンを久々に押したわけです。

今までだったら一週間~約10日後っていう印刷屋の納期なの?欠品してんの??っていう期間を経て「ぷちっとノイズが~」という連絡を頂くというのが常だったので今回もまあそれくらい待つだろうという覚悟をしていたんですが

約2日で連絡を頂きました。えっ早くない?

ちなみに内容は「曲の最後にプチっとノイズが~」というもので、PCの前で野武士のような表情になったことは言うまでもないんですが、

なんせ連絡が早かったので、最初に登録しようと思った時の熱量みたいなものが僕の中に残っており粛々と曲の最後のフェイドアウトを長くする作業をして再登録したわけですね。

約2日で販売開始しました。えっ早くない!!?(2回目)

とまあそんなこんなで販売開始していただいた曲がこちらですね。


もうね僕史上最高にオシャレ。元メタル小僧とは思えないオシャレさ。

今制作中の新しい音源集にも入れる予定ですが単品で欲しい人とかdlsiteから買うのに抵抗ある人は是非オーディオストックにて。