2015年11月3日火曜日

TOMO JAZZ ANCE STUDIO ハロウィン公演を終えて

IMG_4229
どうも僕です。icloudの使い方が分からなくて朝から携帯投げそうになってた僕です。
先日11月3日、遂にトモジャズハロウィン公演の本番でした。
去年から楽曲を使ってもらいつつ音響をしているこの公演、
去年の公演後からこの日までひたすら悩んだ成果が出せたように思います。
去年を思い起こすと本当に辛かった。まず何で音を流すのかとか分からなくて当日を迎えるっていう地獄からはじまり
いざ当日行けば
1247b-image
こちら、タスカムのCDプレイヤーです。
これってPA卓で音量とか調節するから、ここにボリュームフェーダーとか付いてないのね。
そしてPA卓には会場のPAさんが居てホール、ステージ、モニターなんかを調節しなきゃいけないから、
僕は触れないのね。
でも、演出上何回かフェードアウトせなあかんときがある。
結果、PAさんに「ここでフェードアウトしてください!」と声をかけ下げきった合図をもらったら曲を停止し、
次の曲に行くときはフェーダーを上げきった合図をもらってから次の曲を再生するっていう超絶技巧が必要だったのね。しかも当日朝のゲネで初めて知るっていうね
結果、曲間の隙間が気持ち悪く開くっていう弊害もあり、今思い出すだけでも背筋が凍りますわ。
そして、「来年は無理です、迷惑をかけてしまいます」と一度はお断りさせて頂いたんですが、紆余曲折あり、今年もやらせて頂くという事が去年の12月頃に決まりまして、
どうせやるなら自分で納得できる様にやろうと、そこから今年の8月くらいまで、実際の音響の現場でどうやって流しているのかを徹底的に調べる所から始めました。
昔ながらの音響さん達は、このプレイヤーを数台(写真のは2台入ってますね)とPA卓を使ってフェードアウトに被せながら次の曲を出したり、そこに効果音を入れたりという事をするらしいんですが、はっきり言って神業です。長年の経験や場馴れが必要な技術で、僕にはそのどっちもありません。
次にサンプラーを使うというパターン
これなら結構いけるかなと思ったんですが、サンプラー自体結構高いし、設定や使い方を習得するのに時間が掛かる。
んで僕は作曲家なんで普段DAWを使います。DAWの使い方ならまあ知っています。
これで行こうと考えたどり着いたのがableton liveでした。
実際の現場でPAをされている方のブログにたどり着き、
これが正解だ、と確信し、liveを導入しました。
IMG_4228
今年の装備です。
サンプラーっぽい使い方ですが、本当に安心感ありました。流してる曲の波形が見えるので、目と耳でダブルチェック出来るんでミスの可能性が大幅に減ったよね。
(ちなみに去年フェードアウトの途中で次の曲に行ってしまい、しかも次の曲の頭に無音が入ってるっていう最悪な出来事があったんですがそんな心配が無いのが嬉しい)
右の機械の縦の列がCDデッキになってる(実際はDAW上のトラック)っていう考え方なんで、
縦の列は同時に鳴らない、それ以外は同時に鳴る
っていう特徴があります。これがすこぶる便利で、要は横並びに曲を配置していけば、フェードアウトに被せて次の曲に入れます。
逆に長いループからスイッチで別のフレーズに飛びたい時(今回はカーテンコールでちびっ子が舞台に上がるっていう演出があったんだけど、そこを長いループで作り、そろそろ終わるって時に舞台からの合図で終わり前のフレーズに飛ぶって所)は縦の列に配置すれば同時に流れないんで即次のフレーズに行けます(左下の2つ光ってるところ)。
あと今回、前日に「波の音を足したい」、当日に「ここの間をもう少し詰めたい」
という鬼演出家さんからの要望があったんですが、DAWなんで難なく対応出来るのが嬉しい。しかも現場でやってるんですぐ確認も取れるしあり難い。
そして何より、パソコンとちょっとした機材なんですぐ持ち運べるんで普段の練習からこれで出来るっていうのが一番のメリットでした。
IMG_4199
自宅の居間でも
IMG_3659
integra-7から効果音取ってきたり、L1で音圧合わせたり、その他大掛かりな加工するときはメインPCでやったりね。
(余談ですが写真に写ってるノートPCで当初やろうと思ってたんですが、最初の練習で音停まったんで、それ以降嫁のMACでやりました。うんMACの安定性すげえや)
とまあそんなこんなで、これ以上ない全力で臨んだ今年のハロウィン公演でしたが、非常にやりがいのある仕事となりました。
そして会場の後片付けまでフルで手伝い11時半からはスタッフ打ち上げにまで参戦させて頂き4時までお酒を浴びさせていただきました。やりきったあとの酒はうまい!
IMG_4236
最後に憧れのRYU先生と写真をとってもらい非常に緊張しているうちのミニドラキュラ。

2015年7月18日土曜日

舞台音響に勝つる装備APC mini

どうも僕です。
ご存知の方はなかなかいないと思いますが、ここ数か月、ひたすら舞台音響について悩んでいた僕です。
というのも昨年より11月ごろにあるダンスのイベントで舞台音響を頼まれるという事案が発生してまして、去年は何とか無事終わったんですが、中々胃へのダメージが半端ないレベルの緊張感を体験していました。
1247b-image
去年はというとこちらのTASCAMのプレイヤー2台を使い俗にいうポン出し(最近ようやくこの行為の名前が分かった)をしてたんですが、なんていうの、
・タイミングやらすべてカウンターの表示しか頼れるものが無い。
・そもそも当日初めて触ったんで使い方がイマイチわかんない
・ボリューム操作が出来ない(仕方なくホールのPAさんと声を掛け合ってのフェードアウト)
という思い出すだけでもゾッとするレベルの激務でした。いやほんと良く無事終演まで流せたわ。
とまあそんな地獄を見たので、今年は
どうせやるならベストの状態で挑みたい!!
と切に思い、ここ数か月調べまくってたわけですね。
そして、音響屋さんのtwitterにたどり着き、最近はmac+ableton liveが主流になりつつあるという事を知り、live導入を決意したのが先日の話。
無題3456
元は曲作ったり、DJ的に使うようなDAWなんですが、もうね音響用に作られてるんじゃないのっていうくらい使いやすい。
※ただ音源を読み込んだ時に、すべての音源を勝手にマスターテンポに合わせてくれるっていう音響には不便極まりない機能がついてるんで設定でOFFにして使います。
んでまあぶっちゃけ、これがあればあとはマウスがあれば、いやむしろマウス無くても十分音響できるとは思うんですが、
やっぱほら、
やるからには最強装備で挑みたいやん!!
という事で、こちらAPCminiを購入したわけですね。
もうね、AKAI製品って初めて買ったんだけど、説明書日本語版が無くてびっくり。AKAIって赤井だと思ってたから激しくびっくり。そこ日本語だろうと思うやろ!!
でも安心です。
繋いだら勝手にすべての設定が済んだ状態になります。
IMG_3497
完全に娘氏がアリーナを陣取っていますね。仕方ないからちょこっと操作方法を教えます。
※僕の服が難民みたいなのはご容赦。暑いんです夏が。
といっても左上から順番に流してみよう、曲終わりたいときはこのフェーダーを下げて、お隣のボタンを押してねーくらいで終了する使い勝手の良さなんですが。
IMG_3500
数分後、フェイドアウトからのポン出しが出来るようになる6歳児。うんかわいい。
IMG_3502
とまあ、6歳児でも無事音響ポン出しできるこの装備があれば、
勝つる!!
と確信した僕でした。
僕はダンスの公演の舞台音響なんでそこまで効果音だしたりとかは無いんですが
演劇とかだと最高だと思うわこの装備。
例えば風の音(効果音1)が鳴ってる中ドアをノック(効果音2)そこにBGMがフェイドイン(BGM1)みたいなのが一瞬でできるから。
あと使い方がマジでわかりやすい。「縦の列が1つのCDプレイヤー」だから「縦は同時にならないけど横は同時に鳴る」ってだけのシンプルアイテム!
是非高校演劇部の方々にオススメですわ。

ableton liveで外部音源使うメモ



どうも、忙しさにかまけてブログをすっかりほったらかしにしてた僕です。
本来先週くらいに書こうと思っていた記事なんですがご容赦をば。.
さて最近手に入れたableton live liteをなんとか曲作りに活かそうと日夜研究をしていたんですが
サブスクリーンっていう機能を使うとなんとセッションビューとアレンジメントビューが同時に見れるという事に気付いて俄然やる気が出てきていました。
打ち込みのしやすさとかはショートカットキーを覚えまくってるcubaseの方がやっぱりやりやすいんですが、僕ってフレーズを足していくような曲作りが多いんでやっぱ使いこなしたいやん!
というわけでごりごりとliveで曲を作っていたんですが、やっぱあれやん、
「あーここはintegra-7のPAD使いたいなあ」
「生っぽい音のギター入れたいなあ」
とかっていう欲望がやっぱり出てくるわけでして、色々調べた結果ようやく使えるようになったんで、そのやり方をメモがわりに。
といってもliveってなんか、さくっと最少スペースで曲作るイメージのソフトであんまり外部音源使う人も少ないと思うんですが、一応自分用のメモとしてね。
スクリーンショット (43)
まあこの画像がすべてですわ。
余談ですが右がアレンジメント、左がセッション。こうすると非常にわかりやすい。
んで重要な部分拡大した画像がこちら
スクリーンショット (44)
要はintegra-7にmidiを送るためのmidiトラック(左のトラック)とintegra-7から帰ってくるaudioを受けるトラック(右のトラック)を作るって事なんだけど、ここにたどり着くまで3時間くらいかかったわ。
ぼくのliveはliteなんで8トラックまでしか使えないんだけど、この要領でmidiトラックを16個作ってそれぞれチャンネル変えれば16パラを普通に使えるよね。
ただこれはどんなdawでつかってもそうなんだけどintegra-7側にパラアウトの機能が無いんですべてまとめてaudioトラックに録音されるんですが、ほんとローランド様、スパルタ設計だぜ、これオートでパラ出し出来たらと大体毎日思うもん・・・。
余談だがこの直後、「長尺エピックな楽曲」を作るという用事が入り、やっぱりcubaseを使う僕の姿がありました。
cubase最新にするかなあ・・・。