2018年1月16日火曜日

説得力のある音

「説得力のある音」っていうのが確かにあると思う今日この頃です。
あくまでもメロディーやMIX、アンサンブルがカッコいいんじゃなくて
音単体で「説得力のある音」の話。
例えばカウボーイビバップの主題歌「TANK!」の0:05~のベースとか意味不明にかっこいいでしょ?




生楽器だからカッコいいって訳じゃなくて、
最近流行ってるジャスティンビーバーのこの曲とか音数めっちゃ少ないのにKICKにしろリードにしろすべての音がなんかかっこいいでしょ?



どちらの曲も恐らく耳コピして似た音色で音符を並べることは可能ですが、果てしなくかっこ悪い仕上がりになるはずです。「音に説得力」が足りないんです。
じゃあ「説得力のある音」ってニュアンスは分かるけど具体的にどうなの?と言われると難しいんですが
結局は音なんで「周波数」で表されるはずなんです。じゃあその周波数のどこかに「説得力のある音」の正体が隠れている事になるはず。
(※人間味のある発音タイミング云々は今回は置いておいて)
そう考えて悩んだ結果、「ノイズ成分」の中に何かヒントがあるという結論に至りました。
例えばwavesのabby roadとかっていうプラグインはアナログ機器をモデリングして、実際その機材を通したような音に加工するわけですが、要するに「ノイズを付加」するわけです。
例えばMIXエンジニアの松本靖雄さんは実際にアナログテープレコーダーを通すことで独特のサウンドを作られるそうなんですがそれも極論で言えば「ノイズを付加」しているはずなんです。
とまあなんでそんなことを考えるようになったかっていうと
最近アナログレコードプレイヤーを借りたので、仕事してないときはずっと聴いているのですが、同じ曲でも全然音が違うんです。
ほんと今まで恥ずかしながら「レコードの方が音が良い」なんていうのはオカルトだと思っていたんですが、聴きたくなる音というか、聴いていたくなる音というか、それって多分盤の汚れや傷、回転するときの機械音とかっていう「ノイズ成分」が関係していると思うんですよね。
長くなりましたが、エロいゲームの曲だろうが、よさこいの曲だろうが起業VPの曲だろうが、聴く人が「もっと聴いていたい」と感じる曲をつくってお客様に喜んでもらうのが僕の使命なんでね。神は細部に宿ると言いますが、こういう細かい所にこだわりぬいていこうと思う次第でした。

2018年1月2日火曜日

あけまして2018

どうもぼくです!あけましておめでとうございます!!画像は全く関係ないんですが牡蠣です。冬の牡蠣うめえ!


2017年、酉年だったわけですが、僕酉年で年男という事もあり、大体すべて絶好調のまま駆け抜けまして、出来ればずっと年男でいたかったわけなんですが、まあそうもいかず
2018年がスタートしたわけです。


んでここで改めて昨年のまとめと本年度の抱負的なものをまとめようかと。

昨年のまとめストック音源による収入の安定化



昨年は色々と新しい事を始めた年になりました。

映像部門ではドローン業者と共にお客様の工場を撮影
建て替えになる小学校の校舎を撮影

と、今までの写真やイラスト素材ベースでの動画作成から大きく進化しました。

音楽制作部は著作権フリー音源集の売上が好調。それにあやかりいわゆる「ストック収入」を増やすことに注力した一年でした。

音楽以外にも「癒し系の音声」を扱う癒し音響研究所

声優の海上リルさんの18禁ボイスドラマ販売をするLILのASMR ROOM

とおよそ普通の作曲家はしないであろう事である程度安定した収入に繋げることが出来ました。今年はさらに新しい事を初めて行く予定です。

安定した収入がある事で、通常の楽曲制作においてもメリットがあって、

低価格での依頼、条件の悪い依頼を断れるようになりました。

実際一昨年の話ですが

毎月1作品ずつ依頼(15曲前後)、ほぼリテイク無し、音源クオリティーにも拘らない

という条件で1作品3万円でやってくれという仕事が実際にありました。

短時間作曲の練習にもなるし、実際挑戦的なジャンルの曲や普段作らない曲を大量に作れるのでこういう仕事が一概に悪いとも言えないのですが、まあ価格面で見れば確実に悪条件案件になります。

こういった依頼を断れる勇気と経済的余裕が生まれた事で、より1曲にかけられるエネルギーが増え、作曲技術の向上につながったと思います。

今年の抱負は外注をたくさん使う事



抱負といって良いのかわかりませんが、今年は「外注」をなるべく使っていこうと思います。
まず演奏の外注。外注ギタリスト、外注ピアニストなどを依頼し、楽曲に組み込む事で圧倒的なクオリティーアップに繋がり、それはそのままお客様の満足に繋がります。

あるいは音声編集の外注。LILのASMR ROOMのような18禁ボイスドラマの販売を増やす予定なのですが、その際の音声編集を外注してしまえば、その分の時間が空きます。

その空いた時間で新たなアイデアを練ることが出来るわけです。

とまあ人一人の作業量ってどうしても限られている訳ですが、外注を使うことで何倍もの作業を出来るようになるって事に気づきました。もちろん外注先にもお金を支払えるので喜んでもらえる訳です。

今年のテーマは「律」



「律」って漢字めっちゃ綺麗じゃない?(笑)とかっていう話じゃなくて

メロディー、旋律の「律」であり
何かを整える、調律の「律」
規律の「律」

どうしてもフリーランスっていう働き方は自堕落になってしまいそうな誘惑が多々あるんですが、そんな時、自分を「律」して頑張ろう、

納期管理や工程管理など外注さんと自分、お客さんのバランスを整え調律しよう、

そして良い旋「律」をたくさん作ろう、

というスローガンです。

なんせ今年も頑張りますんでみなさんよろしくおねがいします。

2017年12月26日火曜日

HIPHOP武者修行

どうも僕です。先日念願のターンテーブルをゲットしました。

「えっ何に使うん?ターンテーブル買うくらいだったらKONTAKT導入した方が音源増えるぜ?あんた作家だろ?」

というツッコミが聞こえてきそうなんですが、良いんです。レコードから気に入ったフレーズを録音していく本当のサンプリングってやつをやってみたかったんです。

んで当たり前だけどレコードって音いいね。何がどうとか分からないんだけどこのアナログ感が凄くいい。サンプリングしたいのについつい聴いちゃう。
嫁の親父氏が結構なレコードコレクターなので聴くものには困らないんで聴き漁っているわけですが、いやはやjazzやfunkって凄くいい。僕もこの良さがわかる大人になったって事か。
こちら渡辺貞夫さん。通称ナベサダ。ジャケットのインパクトが尋常じゃない。
んで聴いてみたら爽やかさが尋常じゃない。


ドナルドフェイゲン。おしゃれの極み。
dee dee bridge waterこちらも非常におしゃれ。

とまあ色々聴くこと数日、ついにサンプリングして曲を作ってみました。こちらです。



めっちゃそれっぽく出来てるやないか!やっぱサンプリングは良いぜ!

この感じって打ち込みで作っても中々出ないんです。それはもう打ち込みの達人なら各種エフェクトやタイミングずらした打ち込み方で表現するんでしょうが、途方も無い労力です。それを実際にレコードから取ることによって一気に解決っていうね。素敵だよ!

これからの時代の作家は「オールジャンル作れるのは当たり前、その上で誰にも負けない個性を持て」と日々読んでいるメルマガに書いてあったんですが、このターンテーブルとサンプリングで作る暗い曲を個性に出来るように精進します。



2017年12月6日水曜日

価値をあげる

やはや最近柄にもなく真面目に音楽の売り方を考えていた訳です。
僕は現状ゲームBGMと著作権フリー音源集の売り上げが主な収入です。
来年の目標として「売り込まない、買いに来てもらうの」というのを掲げていましてそう言った意味では著作権フリーBGMの販売は理念にあっている気がします。
好きな曲を好きなタイミングで作って売れるんで非常に楽チンな上実質没曲が出ないのが素晴らしい、まあまあ売れるんで今後も数を増やしていきたいんですが、
これがメインで販売している名義なんですが、あと2つ名義があるんですが、あくまで「まあまあ」です。
楽な反面単価が非常に安く設定してありまして(競合との相場で)20曲入りのアルバムで2000円前後、1曲100円の計算です。
安いと思うでしょ?全然そんなことないんです。
基本的に自主制作のゲームを作る人向けに作っているんですが、無料で音楽配布している人もいくらでもいます
そんな無料配布の人たちがいる中で、
・ゲームで使いやすいように1:30前後の長さで延々ループ再生出来る
・様々なフォーマットに対応
・RPG用、サスペンス用、学園ドラマ用とジャンル分けして曲名も「日常曲1」のようにして曲選びの手間を軽減
・内容がイメージしやすいジャケット画像
などなどの価値を付加してようやくの1曲100円になったわけです。
こういうのとか
こういうのとか
こういうのね。
これだけ凝ってようやく1曲100円という価値が作れる訳ですよ。
ここで重要なのが凝るポイント。
買ってくれるお客さん達は音楽のプロでは無いって事。
だから高級なシンセの音難解な曲調市販のCDにも負けない音質などという僕が思うアピールポイントは全然アピールポイントにならないって事なんです。だって普通の人わからないから
とはいえ一応こだわってますよっていうのがわかるように説明書きはつけてます。
んでまあ、この著作権フリー音源集というのは音だけで長さも制限あり価値を高めると言っても限界があると思うんですが
もっと価値を高めた曲を作って売っていきたいと切々と思っている訳です。
ちなみに著作権フリーで無い曲、いわゆる受注生産の場合
ゲームBGM1曲20,000円
歌もの楽曲一曲100,000円でやっていますが、
これはお客様専用という付加価値、好みのままに作るという付加価値がついての価格です。これも恐らくは競合とそう差はない価格設定だと思います。
著作権フリーと受注生産で200倍の差があるけどこれが相場通りというのも中々な業界だなあとつくづく思います。多分イラストさんとかもそうなんじゃないかな?
長くなったんで、新しい付加価値の付け方について書こうと思ったんだけど次回にします。

2017年12月2日土曜日

視点の違い

昨日、ダンサーで踊るだけでなく振付や公演の演出をしている友人と飲みにいって来ました。
まあ僕が毎年一番頭を悩ますダンス公演の主宰者さんですね。
僕はインドア派作曲家、彼はダンサーとなると共通の話題って自ずと音楽の話になってくるんですが、興味深い話題になって
昨今流行りのEDM、特にダブステップやらフューチャーベースというジャンルあるじゃないですか。
例えば













みんな大好きスクリレックスなんですが、
目立つ音が多いから振付しやすいらしいんですね。
この手のジャンル特有のドロップパート(1:30〜)
こことかまさに音とシンクロした振りの為にあるんですね。
いやもう目から鱗で、そんな風に考えた事なかったからめっちゃ新鮮な気分。
んでそう考えてみると色々見えてくる者があって、例えば照明も音とシンクロした動きが出来るんでクラブやらフェスとかで自ずと盛り上がる演出が出来る訳で、、、などとこのEDMというジャンルが流行っている必然性みたいなものに気づいた訳ですね。
そもそもErectric Dance Musicの略なんだけど、ダンス踊るという事を考えて作った音楽なんだなあと感嘆していました。
音色を選ぶ時、少なくとも今まではどんな振りが合うかとか一切考えていなかったけど、少しだけ意識してみるとまた曲のクオリティーが上がるかなあと思う僕でした。
余談ですがHIPHOP、しかも古いものは1ループを繰り返す曲なんで振付難しいらしい。うーん。勉強になるねえ。

2017年11月12日日曜日

ナレーション読み上げサービスはじめました

どうもみなさん僕です。

あまり知られていない事なんですが、
僕実は10数年前、声優の養成所に通っていたと言う暗黒歴史があります。

その昔デモテープを間違えて送った事がきっかけで一年通っていたんですが
まあこれがひどいシステムで、完全に母体である事務所の養分になっていたわけですが、

まあ一年も通えば親しい友人もできるわけで、特に僕のいたクラスはみんな非常に仲よくて今でも交流あるレベルなんですが、

間違えて通っていた僕と違ってみんな真面目に声優目指してたんで、時はたち結構立派な声優になっているんですね。継続は力なりとはまさにこの事。

んで一緒に何かできないかと考えた結果、ナレーションの読み上げサービスをする事になりました。

日本一気楽なナレーション読み上げサービス ラクナレ

このサービスの大きな特徴が
・録音スタジオを使わない
・声優の指名が出来ない

って言う2点。

一見するとどちらもデメリットっぽいんだけど、

まず所属声優それぞれが簡易的な録音環境を整えています。
依頼があった際はスケジュールが空いている声優が録音に当たります。そして録音したデータを僕が編集し音質を整えてお客様に届けます。

とてもシンプルな流れでしょう?

一方一般的な声優事務所、声優プロダクションだと

希望の声優を選ぶ
声優のスケジュール確認
スタジオのスケジュール確認

と、様々な要因によって納期が遅くなっていきます。もちろん値段も高くなってきます。

もちろんその声優さんの声や演技に惚れ込み、どうしてもこの人が良い!この人じゃなきゃだめだ!と言う場合は良いんですが、あんまりこだわりないナレーションの時、あるいはイメージ確認用の仮ナレなんかでお役に立てるサービスになれるのではと思っています。

てな訳でナレーションが欲しい時はお気軽にご用命ください



2017年10月20日金曜日

エフェクトを使った編集

エフェクトを使った編集



とりあえず上の画像に写っているW1というリミッターは必ず役に立つんで是非ダウンロード、インストールしてください。無料で使える中では最強の部類です。

さて本題

効果音をフリーのサイト(http://taira-komori.jpn.org/enviroment01.html)などから取ってきて使う際

音が素直すぎてイマイチ目立たないっていう事が良くあります。

例えば鍵を開けるガチャン!!っていう音が使いたいので探した結果

ガチャンはなかったけどカチッ、ならあった、という時。

このカチを加工してガチャンに近いものを作り出す事が出来ます

まずはカチャンをアレンジメントに読み込みます。



今回はレバーを倒すガチャという音を加工していきます。

まずlive lite純正のコンプレッサを使います。


ブラウザのオーディオエフェクトからコンプレッサを選びドラッグしていくとトラックにアサイン出来ます。

このコンプレッサってのはどんなエフェクトかと説明しだすと非常に長くなります。

色んな使い方ができるエフェクトなんですが
音の密度をコントロール」すると思ってください。

スレッショルドで決めた値以上の音をレシオで決めたぶんだけ圧縮し、というのが基本的な考え方です、今回は「カチッ」を「ガチャ」に加工したいので、

スレッショルドは低めに(ほぼコンプレッサかかりっぱなし)
レシオは大きめに(強烈に圧縮したい)
設定します。

カチッの直後の残響音の成分を大きくしてやる作戦です。

メイクアップというのが圧縮して音が小さくなったものを大きくする機能なんですがこれを大きくしていくと音がピークして割れます。
音響的には音がピークするのは最もやってはいけない事です。

なのでそれを防ぐ為にW1リミッターを使います。

これはプラグインというフォルダに入ってい

るはずなのでコンプレッサと同じようにアサインしましょう。




このW1liveの純正エフェクトとは違い、こんな感じのパネルが表示されるんですが、使い方はいたって簡単で一番上のスレッショルドを動かせば音が限界まで大きくなります(あくまで聴こえ方として)。

随分派手になったでしょ?でもまだ少し物足りない、そんな時は
ピッチを下げてみましょう。




ここでいい感じに聞こえるまで弄ってみましょう。

そしてあとはわかりやすい名前をつけてオーディオエクスポートしてやります。



んで波形を比べてみました。





随分違う波形になりましたね。ピッチを下げる事で音がヘビーになり
コンプレッサで残響が大きくなりとっても派手になっていますね。

大変便利なのでぜひ活用していきましょう。


あと諸注意ですが、このエフェクトを使う編集をする場合は専用のプロジェクトを作ってそこでやりましょう。他の音ネタを仕込んでいるプロジェクトでやると事故の元です。

目次
 はじめに

 Ableton live liteの導入方法

 各画面説明、基本的な使い方

 環境設定について

 セッションビューでの編集
 
 アレンジメントビューでの編集

 エフェクトを使った編集